食べて、読んで、息をして。

24歳会社員が読んだ本とか日常のあれこれを綴るブログ。

日本の作家

天才でも奇才でもなく■『堕落論・日本文化私観 他二十二篇』坂口安吾

私はあまり本を読み返さない。いやむしろ、一度きりのことがほとんどだ。 しかし、坂口安吾は何故かふとした時に読み返したくなる。全部、という訳ではないが本棚から手に取ってパラパラとページを捲り、適当なところでとめる。読む。満足したら、戻す。そん…